スポンサードリンク

聖書研究 三月二十四日

こんばんは

 今日は川崎は雲多めの晴れでした

 まだ風が冷たくて、肌寒かった

 先日の前回のブログで、エホバの証人はキリスト教ではないみたいなことを書いたことについて、ご近所の信者の方から、お叱りを受けた 

 エホバは正当なクリスチャンですということだった

 それで昨日からEちゃん泊りできて、今日の聖書研究の授業を一緒に参加した

 O先生ご夫妻から授業を受けた

 第一章の『神に関する真理とは何ですか』というタイトルのサブタイトル神は本当にあなたのことを気遣っておられますか という内容の授業だった

 宗教の悪い指導者などは、悲惨なことが起きると、それは神のご意思だという

 聖書では「試練に遭うと誰も、私が神から試練を受けているとは言ってはならない」悪い事柄で神が試練に遭うということはありえませんし、そのようにして神ご自身が試練を与えることはないからです

 僕たちの世界に見られる悪が神からきてるとは決してありえない

 しかし何かが起こるのをとどめないということは、それが起こるように仕向けることとは全く違う

 善良な父親に育てられた成人した息子が家を出て生活することを止めることはしないし、その息子が悪い生き方をして面倒な問題を起こしたとして父親が、仕向けたわけではない

 とこのようなたとえを受けた

 神は人間が悪い生き方を続けたとしても、それを止めなかった、だが問題が起こるように仕向けたわけではない

 神がとどめないのには、十分な理由があるらしい

 後でその理由は学びます

 神の側に責任はないということだった

 将来神は行動を起こして、その際に悪を永久に終わらせる

 神は、公正を愛される方、公正に反する事柄をすべて憎まれる

 聖書には、昔この世界に悪が満ちたとき、神はその心に痛みを覚えられたと記されている

 また今も世界中で生じている苦しみを見て、今も辛く感じている

 それから聖書には、人間が神の形に造られた

 人間に良い特質があるのは、神が良い特質を持っておられるから

 例えば、罪のない人が苦しむのを見れば心が痛むこと、公正に反するそうした状態が人間にとって気がかりなら、神にとってはもっと気がかりであるはず

 聖書には、神は愛であると教えている

 今日はそんなとこです

 一時間の授業だが、あっという間に終わった

 良き一日をお過ごしください(^^♪

 ではまた~ ^^) _旦~~
 

スポンサードリンク

生活保護 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/03/24 17:46
コメント
ついに神頼みですか?(爆笑)
頑張って(爆笑)
Re: 隣のあやたんへ
> ついに神頼みですか?(爆笑)
> 頑張って(爆笑)

応援ありがとう!
日頃、ご迷惑をかけてるかもしれないが、いつもありがとうございます
今後も仲良くしてね
ありがとう(^^)/


Re: 隣のあやたんへ
追伸
 
彼氏にもよろしくね( ;∀;)
こちらこそw
彼氏じゃないよw
Re: 隣のあやたんへ
> こちらこそw
> 彼氏じゃないよw

どうもコメントありがとう
旦那さんですか?

Re: 隣のあやたんへ
> こちらこそw
> 彼氏じゃないよw

あの、苗字か、下のお名前だけでも教えてもらえませんか?

管理者のみに表示