スポンサードリンク

薬と影

こんばんはぁ。
今日の川崎は、薄日はさしていましたが、曇り空で霧雨が降っていました。
皆さまお元気ですか?短小豚のトクです。
今日は、薬と、先日書いた「影」について書きます。
あの頃は、インヴェガいう薬を、主に使ってました。
持続力があって、飲むと気持ちよくなるものですから、気に入ってたのですが、実は僕にしたら、飛ぶようです。
ぶっ飛んで、、僕にしたら宇宙旅行で、銀河系のはるか彼方まで、ぶっ飛びまわった気分です。
思えば、どの世界の川崎長沢もどこにでも、普通にあって、何も景色も違うくなく全く同じなのですが、次元が違うというか・・・・・・。
あたりの、道行く人の、聞こえてくる会話が、何の脈略もなく、突然変わるのですから、これはそうだなと内心確信しました。
脳にも違和感があって、頭がさく裂したように、なってオレ壊れちゃったなって思うくらい。
だから、僕の住むアパートも、どこにでもあって、いつかどこかの川崎長沢と思えて、どこかの僕の部屋にも、別人が住んでいるらしく、どうやら、その階層では僕は亡くなってそれでもこうして、いつかどこかの川崎で生活しているので、僕の霊が、宿しているらしく、どうやら、僕の影を見ていられたようです。だから、僕の体の中から、心臓部を突き刺してくるように脅されて、痛みを感じて、よその川崎のアパートの僕の部屋から、僕の影を突き刺すか何かされてたようです。
深夜に平成天皇が出てきて、「君の影は素晴らしいなあ」とか「君の影がそれが欲しかったのだよ」とか、「大体住んでるところはわかったような気がする」とか「最後にどうやったらあなたのような立派な影が持てるのですか?とか姿は見えないがささやき声がして、ほかのおつきの人か、「もう時間がない」とか大家か何かが、「もう日がないよとか誰か飛ぶ人いない?ささやいていた。
錯乱して朝まで一睡もできず、朝を迎えると、空はどんよりと曇っていて、それから何日か太陽が出なかった。
次の日の夕方、父が訪ねてきて、、僕を見て救急車呼ばれて聞いたことのない病院に連れていかれて、人体解剖された。
僕は、違う階層で葬式も上げてくれているらしく、火葬もされて、骨も拾ってもらったので、もうそういう超常現象は心当たりないですが・・・・・・。
僕は、自らに訪ねた、どうして昭和天皇から、平成になったのですかって、そしたら誰かが、「?永の台所事情が苦しかったのだよ」と。
いつかどこかの川崎町内会、、、、それにしても、アパートマンション経営って儲かるんですね。
皆さまおやすみなさい。
明日も良い一日をお過ごしください。
ではまたー(^_-)-☆
関連記事

スポンサードリンク

日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/08/29 00:00
コメント
大丈夫か?
部屋にいるから、色々気になるんじゃないかい?たまには、外に出て、風俗なり、飲みになり、ぱーと遊びにでも行きなよ。
女性とたのしいことしたら、気分も晴れるさ。ナンパとか楽しそうじゃないかい?
薬は飲みなよ。難しいこと考えすぎたら毒だぜ。楽しいことを考えて行きましょうや。
りゅうじさん
コメントありがとうございました!!!
昔のブログコメントしてくれていたのですね
その節は、どうも失礼しました

管理者のみに表示